2008年12月16日

靴の臭い足の臭いブーツのお手入れ

ここ何年かはブーツを履く女性・男性も増え、
それによって水虫になる人も増えているようです。

ブーツは底が深く換気もあまりよくないですし、
素材が革製のものが多いので通気も悪いので
菌が増えやすい環境になっています。

履き終わったらファスナーを空けて換気させるとか、
湿気を除去する処置をした方がよいと思います。

posted by ぷーぶ at 07:33| Comment(0) | 足の臭い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水虫のいろいろな治療方法

水虫にはいろいろな薬が出ていますが、
人は毎日靴を履いて暮らしますからなかなか完治しない・・
という場合も多いようです。

薬も根気強く継続して塗らなければならないようです。

現在では飲み薬もあるようですね。
こちらの方は塗り薬よりも効果的とは言われているようです。

その他にもお酢の中に足を何時間も入れて治ったという
人もいました。

人それぞれ効果は違うとは思いますが、
できるだけ自分で治したいものではありますね。

水虫にならないためにも靴下を頻繁に交換するとか、
靴は1日おきに履き替えるなど湿度が高くならないように
心がけるのも効果的だと言われています。


posted by ぷーぶ at 07:22| Comment(0) | 足の水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

爪水虫とは?爪水虫の治療法

水虫は足の皮膚の部分だけではなく爪の中にも侵入してきます。

この場合も足の水虫と同じく白癬菌が原因となって
爪が白く濁ったり形が変形したりボロボロになってしまうそうです。

水虫は虫?と思いがちですが、
実はその正体はカビなんですね。


水虫は皮膚が好物で皮膚の厚い足に住みやすい菌です。

その他にも高温多湿の場所を好みますし、
足は水虫のできる条件の整った場所になっています。


水虫は空気感染はしないと言われていますが、
水虫に感染している人のアカなどが付いて
感染する可能性もあいます。

高温多湿になりますいお風呂のマットや
スリッパなどには気をつけた方がよいそうです。

posted by ぷーぶ at 07:19| Comment(0) | 足の水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚の目(うおのめ)は自分で治せる?(ウオノメ)

うおのめは足や指にできるイボのようなものです。

そこの部分を触ると硬くて痛みを伴います。

その硬い部分というのは皮膚が硬くなってしまった部分のようです。


うおのめを自分で取ろうとしても痛いのでやめた方がいいですね。

うおのめの治療ではメスで切るとかレーザーで焼くなどの方法があります。

基本的には切る・取るというのが基本でした。

最近ではうおのめに塗れば取れるという薬も販売されていますね。

その他ではアロエを塗ると1週間〜2週間で
うおのめ部分がカサブタのようになってポロポロ取れます。

痛いのかなと思ったのですが痛みもなく皮膚から分離されている
感じでした。

その後はうおのめがなくなってデコボコになり
そのあと自然に元の足の裏の皮膚に戻ります。

これは私の経験です。個人差があるかもしれませんが。
posted by ぷーぶ at 07:01| Comment(0) | 魚の目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。