2008年12月16日

魚の目(うおのめ)は自分で治せる?(ウオノメ)

うおのめは足や指にできるイボのようなものです。

そこの部分を触ると硬くて痛みを伴います。

その硬い部分というのは皮膚が硬くなってしまった部分のようです。


うおのめを自分で取ろうとしても痛いのでやめた方がいいですね。

うおのめの治療ではメスで切るとかレーザーで焼くなどの方法があります。

基本的には切る・取るというのが基本でした。

最近ではうおのめに塗れば取れるという薬も販売されていますね。

その他ではアロエを塗ると1週間〜2週間で
うおのめ部分がカサブタのようになってポロポロ取れます。

痛いのかなと思ったのですが痛みもなく皮膚から分離されている
感じでした。

その後はうおのめがなくなってデコボコになり
そのあと自然に元の足の裏の皮膚に戻ります。

これは私の経験です。個人差があるかもしれませんが。
posted by ぷーぶ at 07:01| Comment(0) | 魚の目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。